あらためて思ふ、和の文化
b0035880_8163159.jpg

このところ、またもやいろんなことが次々と重なってバタバタしております。。 (@_@;)
お魚の食べすぎでどうかなっちゃったんじゃないか・・・?!
って思われてる方もいらっしゃるかも(苦笑)
でも私たちは至って元気ですので!^^

さて、まだお話しが途中の四国の旅なんですけど・・・
「ええっ、まだ終わってなかったのーっ?!」って誰か言いましたよね、今?
ふ、そうなんです。。 もうすぐ1ヶ月前になるんですよね~(汗)
(だから、はよ終わらせたいの、私もね。。)
てなことで、もう少しお付き合いくださいな~♪

今回訪れた四国では主に旅館に泊まりました。
温泉にゆっくり浸かりたかったのもあるけれど
やはり、地域ならではの宿自慢のお料理を堪能したかったんですよね。

祖谷温泉では、山ならではの川魚や山菜料理を楽しみました。

b0035880_815544.jpg岩魚のお刺身や、こんな風に串に刺さってる鮎をほうばるなんて何年ぶりだろう!(かぷり) ん~、うまいっ!
他にもイノシシ鍋やら珍しい山菜、
とろろやらトトロが(あ、あれ??笑)
初めて試すものばかりで少し心配でしたが、それもなんのその。
「すごく体に良さそう♪」と見る見るうちに平らげて・・・
後に出た、だったんそばまでキレイに完食しました!

これには女中さんたちも感激、「外人さんで全部食べられた方はめずらしいですよ~!」




b0035880_8214244.jpg道後温泉では、
これまたハイカラな
シチュー会席とやらをいただきました。
海の幸のお料理の中にビーフシチューと
フランスパンのコンビネーションがおもしろいですよね!
パンがちょっぴり恋しかったのか、一番に完食です誰かさん(笑)


b0035880_8214595.jpg和食の良いところは食器や盛り付けなど、見た目でも楽しめるところでしょうね、こういうのを最近忘れつつあるのよねぇ・・・私。

繊細な和食の美を、こうしてときどきでもいいから楽しみたいなぁ、と思わずにはいられません。
海外に住んでいるからなおさら、そう思うのかもしれないですね。


今回、旅館を選んだ理由がもうひとつ。
彼に、あの日本独特の畳のお部屋やら、お布団で寝るってのを
ぜひ体験して欲しかったんですよね。

私自身も旅館に泊まるのは本当に久しぶりで、何もかもが逆にとても新鮮に感じられました。
到着したばかりにいただけるお茶やちょっとしたお菓子は彼がとても気に入った様子(笑)

そして、何よりも担当の女中さんたちの心配りが嬉しかったですね。
外人である彼に対して、食べれないものはないかとか、正座が辛そうだからと座布団をたくさん持って来てくれたり、ゆかたも特大サイズを素早く用意してくれたりと、日本では当たり前のことかもしれないけど、本当に行き届いたサービスで。

「ゆかたのサイズはいかがでしたか?明日の朝食時にぜひ着て来てくださいな♪」なんて
言う女中さんもいたりして。

て、ところで。
ここで、トトロゆかたのファッションショーです! ぢゃんっ
                あ、誰? 相撲部屋 思い出した人!(爆)
b0035880_8222930.jpg

特大と言えども、まだまだちんちくりんなのもありますけどねー(大汗)
ときに前の合わせが逆になっていますが、そのへんは大目にみてやっておくんなせぃ~
気づいたら自分で着てたもんで。。 (^.^;)

ゆかたがすっかり気に入った彼♪
   ですが・・・。
朝起きると帯だけ体に巻きついて残ってるのが、どうしても納得いかない様子でしたけど、ね
[PR]
by moana_nz | 2005-11-15 13:13 |
<< ふしぎな関係 かけがえのないもの >>