「ほっ」と。キャンペーン
カテゴリ:Maori( 4 )
Pounamu
b0035880_1902144.jpg

こちらのペンダント、例の家の修理でクローゼットをひっくり返したときに見つけたハート型の箱から出てきました。
マオリのグリーンストーンのカービング。 持ってたんだった!すっかり忘れてたよ・・・

真ん中のは大昔にトトロからもらったもの。
そしてあとのふたつは友人へのおみやげにするつもりで買ったんだと思われる、、(汗)
(忘れるなよ>自分。。)

石の色が微妙に違っておもしろいけど、カービングの形にもそれぞれに意味があるんです。
 
   -Koru-   うずまきは、新しい始まり。生長、調和。
 
   -Wahaika-   こん棒は、挑戦に打ち勝つ、克服する。

   -Crossover-   ツイストは、友情、きずな、永遠。

など他にもまだまだいろんな形があるけれど、これらをマオリの人々はお守りのようにして身につけています。

私の友人も
[PR]
by moana_nz | 2006-12-20 20:38 | Maori
ここにもぐるぐる
b0035880_22404366.jpg

私の好きなマオリアートのひとつにこの彫刻があります。

表情豊かでひとつひとつがとても個性的。丸みをおびたシルエットもなぜか親近感がわきます

以前にもここで紹介したのはほんとおもしろかったなぁ(笑)

あれは、いつだったか・・・
ビーチに長い長い大きなカヌーがあって、マオリの人たちが大勢でそれを海へと押し出していました。なにか、特別なお祭りだったのでしょうね、それはすばらしい彫刻と飾りで施されていて溜め息が出たほどです。

飾りによく使われているのがパウアという貝。きれいに磨かれて、陽にあたるときらきら
写真の目にも施されていますね。

またどっからか、コワイよ~って声が聞こえてきそうですが・・・ ふふ

もっと見る?
[PR]
by moana_nz | 2005-09-27 11:12 | Maori
おもしろおかしMaōri Carving

b0035880_2084653.jpgb0035880_20213446.jpgb0035880_20103365.jpg

Whanganui の観光名所、丘の上の「追憶の塔」へ上るエレベターにつづくトンネル。
その手前にある柵にこんなもの見つけました。
マオリの彫刻です。

普段は博物館や美術館、またはこういった観光の場所で見ることができます。

私はこのマオリの工芸が大好き。ずい分いろいろと見てきましたが、ここのはすごくおもしろい表情なんですよ!おちゃらけてるっていうか、かわいいの~♪
外にあるため苔生してたり、痛んだりしてるのが残念ですが... 。

横向いてたり、逆さまだったり。 表情もとっても豊か。
大きく目を見開いて、舌を出して相手を威嚇するさまは、マオリ独特のパフォーマンスです。
(伝統的なダンス、Hakaのなかにもこれがでてきます。ちょっと、怖いんですけどね)

偶然に見つけた、こんなちょっとした風景が私のお気に入り。

おんなじような顔をして記念撮影をしましたよ~ わははは~~
いいのか... 私、こんなんで。。(汗っ) 

b0035880_213438.jpgb0035880_211817100.jpg
[PR]
by moana_nz | 2005-01-19 21:25 | Maori
Maori Bag
b0035880_19452191.jpg

先日、市場めぐりに参加、海辺のマーケットをご紹介したときに、今度お見せします~って言ってた、私のマオリバッグたちです。

これは、New Zealandの代表的な伝統工芸のひとつで、フラックスという植物から出来ています。手で編まれているので、ひとつひとつ形や柄が違うんですよ。
そんなところも、とっても気に入ってます。

これは同じ場所で購入したので、同じひとが作ったと思われますが... 。サイズもほぼ同じ。
この大きさが私には丁度いいんです。大きすぎず、小さすぎず。
これらはなんと、とあるワイナリーで見つけました。
手作りのペーストやジャムとかも売られていて、その隣りに一角、マオリのバックコーナーが設けられていたんです。 わぁ~、すてき、素敵~♪ 興奮気味の私をよそに、
「ワイナリーに来て普通、カバンなんか買うか?!」 と一緒にいた、口の悪い友人が言ってました(苦笑)
「まぁ、それがあなたらしいわね!」 とも。 ええ、ええ、なんとでもゆーてくだされ。(笑)
当の本人、好みのものを見つけて大満足なので、何を言われても、へ~ちゃら♪

ふたつめを買ったときは、トトロンと一緒だったので、彼に買って貰い... い、いや、自分で買いましたね!(笑) だってそのときは、まだお友達でしたもん。 ちぇって感じ。。(笑)
でも、彼も言いました。「ワイナリーに来てバックなの?それに同じようなバック持ってなかった?!」って。だって、ほら、色も違うし柄だって。。
ファッションに全く興味のない彼は、ふぅ~ん、そんなもんかな。とだけ言ってテイスティングに行ってしまった! もーっ
でも、同じの持ってるって言われて少し(ほんの少しね)だけ迷ったんですけど、やっぱり買いました。だって、手作りだし、同じものなんて二度と出来ないんですから!

そして!今でも丈夫で、飽きることなく私のお気に入りであります。
このバックたち、持って出掛けると必ずっていっていいほど、誰かに褒められるんですよ。
街で出会ったぜんぜん知らない人たちに言われたこともあります。(笑)
きっと、これを作った人有名なのかもしれませんね。

そして最近ですね、
b0035880_194664.jpgまた新たにコレクションが増えまして
それが、これ! 少し大きめでフラットな形。

。。。大きい声じゃ言えませんがね、
実はトトロには内緒で買ったので、
どうか、内密によろしく。。

b0035880_2012592.jpg





こんな風に微妙に色が違うんですねぇ
職人の成せる技!!


マーケットにいつも来てるマオリバックのお店の人に聞いてみました。
仕上がるまでにどれくらいですか?
作り慣れてても6時間くらい掛かるそうです。柄はだいたい頭の中に入ってるらしいです。
すごいなぁ~。 こういった伝統的なもの受け継いでって欲しいなって思いますね。

私はこのマオリアートが大好きです。
[PR]
by moana_nz | 2004-10-23 20:54 | Maori